法政大学大原社会問題研究所 オイサー・オルグ  OISR.ORG 総合案内

文字の大きさ

  • 標準
  • 拡大

背景色を変える

  • 白
  • 黒
  • 青

旧サイトはこちら

ホーム   >   公開活動   >   大原社会問題研究所100周年

大原社会問題研究所100周年

所長あいさつ

 

法政大学大原社会問題研究所は2019年2月9日に100周年を迎えます。100周年を迎えるにあたって2018年2月から設置されたこのサイトは、大原社会問題研究所の100周年記念事業の内容を紹介するものです。本サイトは、「記念事業」「研究所のあゆみ」「100年史資料編」「寄付について」などから構成され、研究所のこれまでの(とくにこの50年の)研究所の諸活動の解説や所蔵資料の新たな公開を行います。

 

このサイトの柱にあたる「100年史資料編」は、2019年度に刊行が予定されている『大原社会問題研究所100年史』の「資料編」にあたる部分を公開します。この「資料編」は研究所通史のより詳細な資料を提供する部分にあたり、『大原社会問題研究所雑誌』、『日本労働年鑑』など研究所刊行物の内容の変遷、研究所WEBサイト(OISR.ORG)の前史を含めた歴史、研究所が主催・共催したシンポジウムの紹介、および環境アーカイブズの活動の紹介を行います。「資料編」のコンテンツは、段階的に公開をしていきます。

 

また、『大原社会問題研究所100年史』以外で計画されている100周年記念事業に関する情報についても、適宜掲載をしていきます。

 

「大原社会問題研究所100周年」で公開されるコンテンツが、これまでの研究所が行ってきた多様な活動についての情報を提供するとともに、研究所の今後の活動の指針を示すものになることを願っています。

 

2018年2月

法政大学大原社会問題研究所

所長 鈴木 玲

 

 

大坂時代の研究所

1920年頃、大阪時代の大原社会問題研究所   ⇨Link 大原社会問題研究所(所在地)の変遷

                                 

 

 

 

 

 

更新日:2018年03月06日

ページトップへ