法政大学大原社会問題研究所 オイサー・オルグ  OISR.ORG 総合案内

文字の大きさ

  • 標準
  • 拡大

背景色を変える

  • 白
  • 黒
  • 青
ホーム   >   リンク集   >   大原社研関連サイト

大原社研関連サイト

 

大原ネットワーク

2008.7.25「大原孫三郎関連施設・機関ネットワーク」(大原ネットワーク)が結成される。その目的は、相互の連携と協力により、大原孫三郎の社会的事業活動の精神を受け継いだ社会貢献活動を行っていくことにある。

倉敷の大原家が代々継承してきた志とその事業を顕彰し、その中に具現されている「大原精神」の理念を守り、伝承し、これを広め、学術及び文化の振興に資することを目的する公益財団です。

1921(大正10)年、大原社会問題研究所の社会衛生研究部門が独立して設立された研究所。創立当初は、倉敷紡績万寿工場内に設けられた。日本の労働科学研究の先駆であり、今なおこの分野における中心的な研究所です。

1914(大正3)年に、大原孫三郎が創立した大原農業研究所の後身。孫三郎が購入したドイツのライプツィッヒ大学の植物学教授のコレクションである「ペッファー文庫」、和漢の農書のコレクションは有名。

地域住民の診療(社会的貢献)と、「患者本位の明るい病院」という大原孫三郎の理念を今に受け継ぐ地域基幹病院。

大原社会問題研究所の創設者・大原孫三郎が設立した美術館。WEB展示室では、月ごとに展示作品が更新される(これまでの展示作品もみることができる)。また、美術館所蔵作品のうち450件のデータも公開している。(00.11.6)

 

関連機関

 

 

大原孫三郎関連

大原孫三郎は、父のあとを継いで倉敷紡績の社長となり、一地方紡績会社を全国有数の紡績会社に育て上げた。

 

高野岩三郎

 

櫛田民蔵

 

森戸辰男

 

権田保之助

 

久留間鮫造

 

宇野弘蔵

宇野弘蔵は大学卒業後、一時期を大原社会問題研究所の助手として働いた。その蔵書は筑波大学付属図書館に寄贈され、整理作業が進行中である。

 

更新日:2019年12月18日

ページトップへ