法政大学大原社会問題研究所 オイサー・オルグ  OISR.ORG 総合案内

文字の大きさ

  • 標準
  • 拡大

背景色を変える

  • 白
  • 黒
  • 青

旧サイトはこちら

ホーム   >   公開活動   >   企画展示(元ミュージアム)   >   秘蔵貴重書・書簡展示   >   ジャン・ジャック・ルソー著 社会契約論

ジャン・ジャック・ルソー著 社会契約論

ジャン・ジャック・ルソー

ジャン・ジャック・ルソー
(Jean-Jacques Rousseau,1712~1778)
Du Contract social; ou principes du droit politique
『社会契約論』 1762年刊

フランス啓蒙期の天才的思想家。本書は、17世紀以来の政治哲学の伝統、すなわち自然思想、主権論をふまえて、立法権に優位をおく独自の人民主権思想を確立し、理想的な共和制こそが人間を精神的奴隷状態から解放する必要条件であるとした。本書は、その革命的思想のゆえにジュネーブ市会による焚書のうきめをみた。

社会契約論表題紙
社会契約論

担当 遊座・定森 since 2008.7.23

更新日:2014年12月25日

ページトップへ