法政大学大原社会問題研究所 オイサー・オルグ  OISR.ORG 総合案内

文字の大きさ

  • 標準
  • 拡大

背景色を変える

  • 白
  • 黒
  • 青

旧サイトはこちら

ホーム   >   公開活動   >   企画展示(元ミュージアム)   >   秘蔵貴重書・書簡展示   >   父ミラボーの書簡

父ミラボーの書簡

ヴィクトール・ミラボー

ヴィクトール・ミラボー
(Victor Riqueti Marquis de Mirabeau, 1715~1789)
To juge avocat Dutloy
父ミラボーの書簡

フランスの重農主義経済学者でケネーの高弟となったヴィクトール・ミラボー侯爵は、ケネーとの共著ともいわれる『租税の理論』を公刊した。この著書はフランスの財政危機を救うための国王への奏上書でもあったが、当時の財政状況や租税請負人制度を激しく攻撃したため投獄された。この書簡は1772年5月に法廷弁護人デュトロワにあてた私信である。

父ミラボーの書簡

担当 遊座・定森 since 2008.7.23

更新日:2014年12月25日

ページトップへ