法政大学大原社会問題研究所 オイサー・オルグ  OISR.ORG 総合案内

文字の大きさ

  • 標準
  • 拡大

背景色を変える

  • 白
  • 黒
  • 青

旧サイトはこちら

ホーム   >    公開活動   >    国際労働問題シンポジウム   >    第27回 ディーセントな雇用創出と雇用制度改革(2014年10月)

第27回 ディーセントな雇用創出と雇用制度改革(2014年10月)

共催 法政大学大原社会問題研究所ILO駐日事務所
   
後援 日本ILO協議会

国際労働問題シンポジウムは、毎年のILO総会の議題のなかから、日本との関係で興味ある議題を取り上げてきました。今年は、第6議題「雇用の戦略目標に関する反復討議」をとりあげ、総会での議論や結論の内容・意義、日本の課題について議論します。今年のシンポジウムでは、雇用政策、雇用創出、ディーセントワーク等に関する問題を中心に議論が行われます。なにとぞ奮ってご参加くださるよう、お待ちしています。

日時
2014年10月9日(木) 午後2時~5時30分
会場
法政大学市ヶ谷キャンパス ボアソナードタワー 26階(スカイホール)(〒102-8160 千代田区富士見2-17-1) 
交通
【JR線】JR渋市ヶ谷駅または飯田橋駅下車徒歩10分(ほか地下鉄線あり、詳しくはhttp://www.hosei.ac.jp/access/ichigaya.htmlを参照)

参加費
無料

プログラム

2014年のILO総会について ILO駐日代表 上岡 恵子
第6議題の議論について ILO駐日事務所次長 上村 俊一
政府の立場から 厚生労働省職業安定局首席職業指導官室 中央職業指導官 堀場 絵里香
労働者の立場から 全国ガス労働組合連合会書記長 向澤 茂
使用者の立場から 日本経済団体連合会国際協力本部副本部長 松井 博志
労働法制の展開と課題 明治学院大学法科大学院教授 野川 忍
(司会) 法政大学大原社会問題研究所准教授 藤原 千沙

申し込み方法

下記のどちらかに、ファックスかメールで、10月3日(金)までに「国際労働問題シンポジウム」 と明記のうえ所属とお名前、連絡先をお知らせください

ILO駐日事務所
〒 150-0001
渋谷区神宮前5-53-70
FAX: 03-5467-2700
E-mail:ilo-tokyo@ilotokyo.jp

法政大学大原社会問題研究所
〒 194-0298
東京都町田市相原町 4342
FAX: 042-783-2311
E-mail:oharains@adm.hosei.ac.jp

ページトップへ