法政大学大原社会問題研究所 オイサー・オルグ  OISR.ORG 総合案内

文字の大きさ

  • 標準
  • 拡大

背景色を変える

  • 白
  • 黒
  • 青

旧サイトはこちら

ホーム   >    公開活動   >    国際労働問題シンポジウム   >    第28回 国際労働問題シンポジウム 中小企業とディーセントで生産的な雇用創出(2015年10月)

第28回 国際労働問題シンポジウム 中小企業とディーセントで生産的な雇用創出(2015年10月)

共催 法政大学大原社会問題研究所 ILO駐日事務所
   
後援 日本ILO協議会

国際労働問題シンポジウムは、毎年のILO総会の議題のなかから、日本との関係で興味ある議題を取り上げてきました。今年は第4議題「中小企業とディーセントで生産的な雇用創出」を取り上げます。第1部では、政労使の報告者よりILO総会での議論の内容、議題の意義等についてお話をしていただきます。第2部では、第1部の報告を受けて、2人の専門家に途上国の中小企業支援および日本における中小企業が直面する問題について報告していただきます。2人の専門家の報告を受け、雇用創出、ディーセントワーク、中小企業支援等の中小企業に関する国内外の問題について議論をします。ふるってご参加ください。 パンフレット(PDFファイル)

日時
2015年10月15日(木) 14時~17時10分
会場
法政大学市ヶ谷キャンパス ボアソナード・タワー 26階(スカイホール)(〒102-8160 東京都千代田区富士見2-17-1) 
交通
【JR線】JR市ヶ谷駅または飯田橋駅下車徒歩10分(地下鉄線もあり。詳しくはhttp://www.hosei.ac.jp/access/ichigaya.htmlを参照)  *お車でのご来場はご遠慮ください。

参加費
無料

プログラム

第1部(14時~15時20分) 2015年第104回ILO総会第4議題「中小企業とディーセントで生産的な雇用創出」について        
政府の立場から 厚生労働省職業安定局雇用政策課 課長補佐 左藤 倫子
労働者の立場から JAM副書記長 川野 英樹
使用者の立場から 経団連国際協力本部 主幹補 野村 良寿
第2部(15時40分~17時10分) 講演およびパネルディスカッション
「途上国における中小企業の課題と日本の国際協力」 国際協力機構(JICA)国際協力専門員 上田 隆文
「雇用創出における中小企業の役割と直面する課題」 嘉悦大学大学院ビジネス創造研究科教授 黒瀬 直宏

申し込み方法

下記のどちらかに、ファックスかメールで、10月9日(金)までに「国際労働問題シンポジウム」 と明記のうえ所属とお名前、連絡先をお知らせください

ILO駐日事務所
〒 150-0001
渋谷区神宮前5-53-70国連大学ビル8階
FAX: 03-5467-2700
E-mail:tokyo@ilo.org

法政大学大原社会問題研究所
〒 194-0298
東京都町田市相原町 4342
FAX: 042-783-2311
E-mail:oharains@adm.hosei.ac.jp

ページトップへ