法政大学大原社会問題研究所 オイサー・オルグ  OISR.ORG 総合案内

文字の大きさ

  • 標準
  • 拡大

背景色を変える

  • 白
  • 黒
  • 青

旧サイトはこちら

ホーム   >   公開活動   >   企画展示(元ミュージアム)   >   秘蔵貴重書・書簡展示   >   労働紙幣(レイバー・ノート)

労働紙幣(レイバー・ノート)

労働紙幣(レイバー・ノート)
National equitable labour exchange

1832年、アメリカから帰国したオウエンは「国民公正労働交換所」を設立した。これは生産者が相互に生産物を交換する一種の協同組合組織で、生産物の価値を労働時間に換算して交換をおこなった。
このレイバー・ノートは、そこで用いられた「10時間労働紙幣」である。

労働紙幣

担当 遊座・定森 since 2008.7.23

更新日:2014年12月25日

ページトップへ