法政大学大原社会問題研究所 オイサー・オルグ  OISR.ORG 総合案内

文字の大きさ

  • 標準
  • 拡大

背景色を変える

  • 白
  • 黒
  • 青

旧サイトはこちら

ホーム   >   公開活動   >   企画展示(元ミュージアム)   >   秘蔵貴重書・書簡展示   >   ヨハン・ゴットリープ・フィヒテ著 ドイツ国民に告ぐ

ヨハン・ゴットリープ・フィヒテ著 ドイツ国民に告ぐ

ヨハン・ゴットリーブ・フィヒテ

ヨハン・ゴットリーブ・フィヒテ
(Johann Gottlieb Fichte,1762~1814)
Reden an die deutsche Nation
『ドイツ国民に告ぐ』 1808年刊

ドイツ古典哲学の代表者のひとりで、後にベルリン大学の初代総長に公選されたフィヒテは、ナポレオン軍隊の占領下においてドイツの再建を説いた愛国的な連続講演を14回おこなったが、本書はその講演の直後に一般に配布された印刷物の初版本。

ドイツ国民に告ぐ
ドイツ国民に告ぐ

担当 遊座・定森 since 2008.7.23

更新日:2014年12月25日

ページトップへ