法政大学大原社会問題研究所 オイサー・オルグ  OISR.ORG 総合案内

文字の大きさ

  • 標準
  • 拡大

背景色を変える

  • 白
  • 黒
  • 青

旧サイトはこちら

榎 一江(Enoki, Kazue)

専門分野 関心領域

専門分野 労働史
関心領域 経済史 経営史 比較労務管理史 ジェンダー

大原社会問題研究所での担当

資料、ウェブ、月例研究会、100年史編纂委員会担当
『大原社会問題研究所雑誌』、『日本労働年鑑』編集委員
社会問題史研究会(旧協調会研究会)代表

主な業績

単著
・榎一江『近代製糸業の雇用と経営』吉川弘文館、2008年
共編著
・榎一江・小野塚知二編著『労務管理の生成と終焉』日本経済評論社、2014年3月

刊行論文
・「寄宿舎制度と製糸工女――郡是の事例(1920-1921)――」『比較社会文化研究』九州大学大学院比較社会文化学府、8、2000、45-56頁
・「製糸経営における女性管理者の役割――戦間期製糸労働研究の課題――」『女性史・女性学ノート』女性史・女性学の会、8、2001、13-23頁
・「製糸業における採用管理の形成――郡是の『職工改革』を通して――」『経営史学』36-2、2001、71-96頁
・「工場法施行と愛媛県工場研究会」『九州史学』130、2002、25-51頁
・「『模範的工場』の労働史的研究――江口章子の『女工解放』を手がかりとして――」『日本歴史』651、2002、73-89頁
・「大正期の工場看護婦」『大原社会問題研究所雑誌』554、2005、28-42頁
・「日本製糸業における多条機導入に関する一考察」『社会経済史学』71-2、2005、3-24頁
・学位論文「日本製糸業における雇用関係とその基盤」博士(比較社会文化)(比文博甲第89号)、九州大学、2005年10月21日
・「女性労働者と企業――郡是製糸の『教育』を中心に――」『歴史と経済』203、2009、24-33頁
・「近代日本の経営パターナリズム」『大原社会問題研究所雑誌』611・612、2009、28-42頁
・「製糸経営と燃料問題」荻野喜弘編『近代日本のエネルギーと企業活動――北部九州地域を事例として――』日本経済評論社、2010、31-54頁
・Le temps de travail dans l'industrie moderne de la filature de la soie(tranduction du japonais de Frederic Beudart), in Alessandro Stanziani(ed), Le travail contraint en Asie et en Europe xviie-xxe siecles, Pars, Fondation de la Maison des sciences de l'homme, 2010, pp.121-146
・工場の労働時間――日本製糸業の現場から――」『歴史学研究』872、2010.10、 105-113頁
・「労働史研究への示唆に関する覚書」(【書評特集】二村一夫『労働は神聖なり、結合は勢力なり:高野房太郎とその時代』を読む)『社会政策』3-1、2011.6、75-77頁
・「『完全雇用』政策と労働市場の変容」武田晴人編『高度成長期の日本経済――高成長実現の条件は何か』有斐閣、2011、205-230頁
・「戦間期の繊維産業と労働市場の変容」『大原社会問題研究所雑誌』635・636、2011.9、26-41頁
・「近代日本の企業福祉と労働者家族」法政大学大原社会問題研究所/原伸子編『福祉国家と家族』法政大学出版局、2012.6、243-264頁
・「近代日本の児童労働」『大原社会問題研究所雑誌』646、2012.8、16-31頁
・「日本の雇用慣行とジェンダー――結婚退職をめぐって」『日本批評』(ソウル大学校日本研究所)8、2013年2月15日、238-259頁(韓国語)
・「震災・災害と社会政策」(布川日佐史と共著)『社会政策』4-3、2013年3月、64-71頁
・「産業報国会研究の可能性」『大原社会問題研究所雑誌』664、2014年2月、1-4頁
・ 「ジェンダー平等と社会政策」(木本喜美子と共著)『社会政策』5-3、2014年3月、3-10頁
・「日本製糸業における労務管理の生成とジェンダー」榎一江・小野塚知二編著『労務管理の生成と終焉』日本経済評論社、2014年3月、223-242頁
 ・「『職業の世界』の変容と労務管理の終焉」榎一江・小野塚知二編著『労務管理の生成と終焉』日本経済評論社、2014年3月、341-356頁
・「企業と労働史」経営史学会編『経営史学の50年』日本経済評論社、2015年3月、122-130頁
・「暉峻義等関係資料について」( 伊東林蔵と共著)『大原社会問題研究所雑誌』692, 2016年6月、41-45頁
・ 「特集にあたって」(特集「労働科学研究所旧蔵資料」)『大原社会問題研究所雑誌』692, 2016年6月、1-2頁
​・「製糸工女と衣料生産」総合女性史研究会『総合女性史研究』34, 2017年4月,102-104頁 
・「The International Association of Labour History Institutions (IAHLI) 第47回ヘルシンキ大会について」『大原社会問題研究所雑誌』702, 2017年4月,74頁 
​・「近代日本のパターナリズムと福利施設」『 大原社会問題研究所雑誌』705, 2017年7月,29-43頁

書評
・「森芳三著『羽前エキストラ格製糸業の生成』」『史学雑誌』109-6、2000、105-112頁
・「宮崎擴道『創始期の手工教育史』」『日本歴史』670、2004、113-115頁
・「東條由紀彦著『近代・労働・市民社会」『経営史学』41-2、2006、85-88頁
・「上野輝将著『近江絹糸人権争議の研究』」『大原社会問題研究所雑誌』609、2009.7、57-59頁
・「田中雅孝著『両大戦間期の組合製糸』」『大原社会問題研究所雑誌』627、2011.1、68-70頁
・「清川雪彦著『近代製糸技術とアジア――技術導入の比較経済史』」『歴史と経済』214、2012.1、89-91頁
・「R.S.コーワン著/高橋雄造訳『お母さんは忙しくなるばかり――家事労働とテクノロジーの社会史』」『大原社会問題研究所雑誌』640、2012.2、85-88頁
・紹介「大門正克編著『新生活運動と日本の戦後―敗戦から1970年代』」『大原社会問題研究所雑誌』652、2013年2月、78-79頁
・文献紹介「菅山真次著『「就社」社会の誕生――ホワイトカラーからブルーカラーへ』」『同時代史研究』5、2012年12月、99頁
・紹介「兼田麗子著『大原孫三郎――善意と戦略の経営者』」『大原社会問題研究所雑誌』669、2014年7月、54-55頁
・「森杲著『アメリカ〈主婦〉の仕事史--私領域と市場の相互関係』」『歴史と経済』225、2014年10月、72-73頁
・「加藤千香子著『近代日本の国民統合とジェンダー』」『社会経済史学』 81‐4, 2016年、611-613頁


その他
・解説:「繊維産業の労働組織」『日本経営史の基礎知識』有斐閣、pp142-143、2004
・解説:「回顧と展望[日本(近現代)五経済]」『史学雑誌』114-5、pp172-176、2005
・翻訳:国際労働事務局(吾郷眞一・横田耕一監訳)『雇用と職業における平等 ILO111号条約に関する条約勧告適用専門家委員会特別調査』、解放出版社、2000、186-202パラグラフ担当
・翻訳:ジャネット・ハンター(阿部武司・谷本雅之監訳)『日本の工業化と女性労働――戦前期の繊維産業』有斐閣、2008年6月、第5章「繊維労働者の生成」担当
・項目執筆:「雨宮製糸争議」「製糸女工同盟罷工」「女工」「工女虐待」『明治時代史大辞典』吉川弘文館、2013年
・項目執筆:「今井五介」「郡是製糸会社」「帝国人造絹糸会社」『アジア・太平洋戦争辞典』吉川弘文館、2015年
・「法政大学大原社会問題研究所と社会運動研究」『歴博』192, 2015年9月、2-5頁
・項目執筆:「糸」「糸車」「織物」「絣」「金巾」「生糸」「生糸」「寄宿舎」「絹」「絹織物」「更紗」「蚕種」「女工」「女工哀史」「水車」「縮緬」「紬」「唐桟織」「羽二重」「紡績」「養蚕」『日本生活史辞典』吉川弘文館、2016年

経歴

愛媛大学法文学部経済学科卒業
九州大学大学院比較社会文化研究科修了(博士(比較社会文化))
2003年4月~2007年3月 日本学術振興会特別研究員PD(東京大学)
2007年4月~2008年3月 東京大学大学院経済学研究科研究拠点形成特任研究員
2008年4月~2009年3月 神戸大学大学院経営学研究科准教授
2009年4月~2016年3月 法政大学大原社会問題研究所准教授
2016年4月~ 法政大学大原社会問題研究所教授(現在に至る)

その他経歴

2014年4月~2015年3月 ハワイ大学マノア校日本研究センター客員研究員

所属学会

社会政策学会 社会経済史学会 経営史学会 ジェンダー史学会 政治経済学・経済史学会

その他

受賞
第4回日本歴史学会賞(2003年7月)
第15回社会政策学会奨励賞(2009年5月)

ページトップへ