法政大学大原社会問題研究所 オイサー・オルグ  OISR.ORG 総合案内

文字の大きさ

  • 標準
  • 拡大

背景色を変える

  • 白
  • 黒
  • 青

旧サイトはこちら

ホーム   >   研究所案内   >   スタッフ紹介    >   2008年度法政大学大原社会問題研究所スタッフ    >   江頭 説子

江頭 説子(Eto, Setsuko)

専門分野 関心領域

専門分野 労働・産業社会学、キャリア論、ジェンダー論
関心領域 働く場・働き方の実態調査、キャリア教育のあり方について

大原社会問題研究所での担当

『日本労働年鑑』編集作業
WEBサイトのメンテナンス

主な業績

論文
「職場構造の変動と労働者意識」東京女子大学社会学紀要『経済と社会』第29号,2001年2月。
「キャリア研究の動向-キャリア研究における社会学からのアプローチ方法の確立にむけて-」千葉大学紀要『社会文化科学研究』第8号,2004年2月。
「自律的なキャリアにむけて-シンボリック相互作用論にもとづくキャリア・プロセス分析から-」博士学位論文 (千葉大学)
「社会学とオーラル・ヒストリー」『大原社会問題研究所雑誌』585号(2007.8)
「受講者が主体的に考えるプロセスについての一考察-リアクションペーパーの相互行為分析から-」『専修人文論集』第84号(2009.3)
「社会学とオーラルヒストリー」法政大学大原社会問題研究所編『人文・社会科学研究とオーラル・ヒストリー』お茶の水書房、(2009.3)
「キャリアについて主体的に考える―職業キャリアからライフキャリアへ」東京女子大学女性学研究所編『女性とライフキャリア』勁草書房、(2009.12)

学会発表論文
「就業形態の多様化と仕事意識の関係」第73回日本社会学会報告(2000年)  
「日本型雇用システムの変革期におけるキャリア概念の再定義」第12回日本労働社会学会報告(2000年)  
「キャリア研究における社会学からのアプローチ」第76回日本社会学会報告(2003年)  
「自律的なキャリアに向けて」第77回日本社会学会報告(2004年)

書評
河西宏祐/ロス・マオア著『労働社会学入門』『大原社会問題研究所雑誌』583号(2007.6)
辻勝次編著『キャリアの社会学』『大原社会問題研究所雑誌589号(2007.12)
飯吉弘子著『戦後日本産業界の大学教育要求』『大原社会問題研究所雑誌』598号(2008.9)

その他
「企業組織の柔軟性分析」千葉大学社会文化科学研究科研究プロジェクト報告書第36集
「IT化の進展と『仕事機会』の関係-『プロジェクト的な働き方』についての一考察-」千葉大学人文社会科学研究科研究プロジェクト報告書第109集(2007)
東京都産業労働局主催 男女雇用平等セミナー「働く女性のキャリアプラントライフプラン」(2007)

経歴

2000年 東京女子大学大学院文学研究科修士号取得
2004年 千葉大学社会文化科学研究科博士号取得
2005年~2006年 法政大学社会学部 非常勤講師
2005年~ 専修大学文学部 非常勤講師
2006年~ 東京女子大学 非常勤講師
2006年~ 法政大学大原社会問題研究所兼任研究員
2009年~ 文化女子大学 非常勤講師
2009年 都留文科大学 非常勤講師
2010年~ 聖心女子大学 非常勤講師
2010年~ 武蔵大学 非常勤講師

所属学会

日本社会学会、日本労働社会学会、日本労務学会、日本キャリアデザイン学会

その他

教えている(いた)授業:基礎演習(法政大学社会学部、2005年度~)、社会学(専修大学文学部、2005年度~)、ジェンダー論(専修大学文学部、2005年度)、総合講座「女性とキャリア」(東京女子大学、2006年度~)、クリエイティブキャリア論(文化女子大学、2009年~)、企業経営・労働とジェンダー(都留文科大学、2009年度)、生活論(講義、3年次演習、4年次卒論指導 専修大学人間科学部、2010年度)、情報社会と女性の職業(東京女子大学、2010年~)、コミュニケーション論(2年次演習 東京女子大学、2010年~)、職業社会学(聖心女子大学、2010年~) キャリアデザイン入門(聖心女子大学、2010年~)、社会調査方法論(武蔵大学、2010年~)

ページトップへ