法政大学大原社会問題研究所 オイサー・オルグ  OISR.ORG 総合案内

文字の大きさ

  • 標準
  • 拡大

背景色を変える

  • 白
  • 黒
  • 青

旧サイトはこちら

ホーム   >   公開活動   >   企画展示(元ミュージアム)   >   秘蔵貴重書・書簡展示   >   ラサールの書簡

ラサールの書簡

フェルディナント・ラサール

フェルディナント・ラサール
(Ferdinand Johann Gottlied Lassalle, 1825~1864)
To Franz Duncker
ラサールの書簡

フェルディナント・ラサールはドイツの社会主義者、労働運動の指導者。若くして3月革命に参加し、マルクスの影響を受けたが、マルクスの指導を受けたリープクネヒトやべ-ベルと運動上しばしば対立した。ここに展示した書簡はドイツの社会主義文献出版業者フランツ・ドゥンカーにあてたもので日付はないが1860年代初頭のものと思われる。主要な内容は彼の作品である歴史劇「フランツ・フォン・ジッキンゲン」にかんしているが、マルクスとエンゲルスはこの戯曲についてのきびしい批判をラサールに書き送っている。

ラサールの書簡

担当 遊座・定森 since 2008.7.23

更新日:2014年12月25日

ページトップへ