法政大学大原社会問題研究所 オイサー・オルグ  OISR.ORG 総合案内

文字の大きさ

  • 標準
  • 拡大

背景色を変える

  • 白
  • 黒
  • 青

旧サイトはこちら

ホーム   >   公開活動   >   企画展示(元ミュージアム)   >   秘蔵貴重書・書簡展示   >   ベーベルの書簡

ベーベルの書簡

アウグスト・ベーベール

アウグスト・ベーベール
(August Bebel, 1840~1913)
Fragment
ベーベールの書簡

アウグスト・ベーベルは労働者出身のドイツの社会主義者。社会民主労働党を創立して指導、のちラサール派と合同してドイツ社会主義労働党(のちのドイツ社会民主党)を創立した。北ドイツ連邦議会、つづいて10年間ドイツ帝国国会議員。たびたび入獄。ひんぱんな文通により、またロンドンを訪ねてマルクスとエンゲルスの指導を受けた。この短い手紙は誰あてのものか不明であるが、原則として党関係以外の刊行物への協力拒否を表明している。

ベーベールの書簡

担当 遊座・定森 since 2008.7.23

更新日:2014年12月25日

ページトップへ