法政大学大原社会問題研究所 オイサー・オルグ  OISR.ORG 総合案内

文字の大きさ

  • 標準
  • 拡大

背景色を変える

  • 白
  • 黒
  • 青

旧サイトはこちら

ホーム   >   公開活動   >   企画展示(元ミュージアム)   >   秘蔵貴重書・書簡展示   >   フランシス・ベイコン著 ラテン語版著作集

フランシス・ベイコン著 ラテン語版著作集

フランシス・ベイコン

フランシス・ベイコン
(Francis Bacon,1561~1626)
Operum moralium et civilium
『ラテン語版著作集』1638年刊

著者の死後、忠実な秘書W.ローリー博士が、普遍語としてのラテン語を重視していた著者の志をついで編集したもの。『ヘンリ7世治世史』、『随筆集』、『ニュー・アトランティス』、『大革新』等々の9編(本書のとびらには8編の著作しかあげられていないが、実際には『大革新』が末尾にとじ合わされて9編)が収められている。

ラテン語版著作集表題紙
ラテン語版著作集
ラテン語版著作集

担当 遊座・定森 since 2008.7.23

更新日:2014年12月25日

ページトップへ