法政大学大原社会問題研究所 オイサー・オルグ  OISR.ORG 総合案内

文字の大きさ

  • 標準
  • 拡大

背景色を変える

  • 白
  • 黒
  • 青

旧サイトはこちら

ホーム   >    お知らせ   >    月例研究会(7/31)。テーマは、「1950年代の沖縄および日本本土における米軍司法をめぐる議論―『由美子ちゃん事件』と『ジラード事件』にみる日米沖関係史」 (井上史・ボストンカレッジ歴史学博士候補生/早稲田大学政治学研究科リサーチフェロー)

月例研究会(7/31)。テーマは、「1950年代の沖縄および日本本土における米軍司法をめぐる議論―『由美子ちゃん事件』と『ジラード事件』にみる日米沖関係史」 (井上史・ボストンカレッジ歴史学博士候補生/早稲田大学政治学研究科リサーチフェロー)

2018/07/02

日時:2018年7月31日(火)17時00分~18時30分

場所:法政大学大原社会問題研究所会議室(法政大学多摩キャンパス・図書館棟5階)

テーマ:「1950年代の沖縄および日本本土における米軍司法をめぐる議論―『由美子ちゃん事件』と『ジラード事件』にみる日米沖関係史」

報告者:井上史(ボストンカレッジ歴史学博士候補生/早稲田大学政治研究科リサーチフェロー )

司会:榎一江
 

ページトップへ